facebookで人探しができると海外では人気

海外で人探しを行う場合、まずfacebookを使用することをオススメします。
日本では半数程度ですが、海外では本名でfacebookに登録している人の割合が高いので、同級生などを気軽に検索することができる便利なツールになっています。

 

ちなみに日本でも匿名で利用していたアカウントを、facebook側が削除することもあったので、facebookは基本的に本名で使用するものです。
facebookの本場アメリカでは、facebookの使用者が増加した時に同級生などを検索したのち、不倫をするfacebook不倫なども大きな社会問題になったくらい、海外で人探しをする上での便利なツールになっているのです。

 

基本的にSNSで本名を名乗るのは危険という印象がありましたが、日本でもfacebookの安全性は確立されているので、海外では本名で登録している人の割合が高いことが検索ツールとして優秀な理由の一つでしょう。

 

海外でfacebookを使用した人探しの方法としては、まずアドレスを入力する方法です。
アドレスが登録されていれば、確実に本人に出会うことが可能です。
アドレスが不明なのであれば、本名を入力すれば登録された名前の一覧が表示されます。

 

しかし海外では日本とは違い、漢字による差別化がされていないので、自分と関係が深いと判断された内容を基準に順番に検索することで、facebookで人探しを可能にします。
それ以外にも経歴や居住地でも検索する便利機能がfacebookにはそなえられているので、安心して活用しましょう。

 


Warning: file(http://www.amieproject.com/l-cntrol/tt001/link/40): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/sark246/public_html/www.austinsalehouse.com/index.html on line 65

アメリカ大使館を活用した人探しの方法

日本に滞在しているアメリカ人で、家族や友人と連絡が取れず行方不明になっている場合は、アメリカ大使館に申請することで人探しを代理で行う制度があります。

 

もちろんアメリカ大使館による捜索は、簡単に利用できる制度ではなく、プライバシーの法律の制限を受けるので、知人やたとえ家族であっても個人情報を漏らすことがありません。

 

ちなみにもしもアメリカ大使館によって、行方不明になっているアメリカ人の捜索が行われたのちに、人探しが成功しても当事者が「家族にも所在を知られたくない」と言ってしまえば、捜索対象の所在を知ることができない仕組みになっています。

 

しかもアメリカの制度では、日本に在住しているアメリカ人でも、アメリカ大使館や領事館に登録するのはあくまで任意行為に該当するので、すべてのアメリカ人の所在をアメリカ大使館が理解しているわけではないというのも、ある種の問題点でもあります。

 

しかしアメリカ大使館に登録を済ましているアメリカ人で、最近までの住所がはっきりしている場合は、アメリカ大使館でも捜索を行うことができるので、もしもアメリカ人の友人や家族が行方不明になっている場合は、まずアメリカ大使館に問い合わせをしてみるのも一つの手段ではないでしょうか?

 

ちなみに同じアメリカ人でも、アメリカ郡に所属している人の場合は、アメリカ大使館は管轄外になりますので、アメリカ軍に問い合わせを行いましょう。
アメリカには軍事な手に書いた手紙をアメリカに送付し、人探しをしているアメリカ軍人の名前や軍籍番号がはっきりしていれば代わりに送付してくれる可能性があります。

海外で人探しをする方法は、SNSが便利

海外では日本以上に人探しをしている人が多いです。
特に身内だけではなく、たまたま知り合った人ともう一度会いたいなどの理由で、地元新聞の探し人コーナーは満員な部分があります。
恋愛も日本人以上に情熱的な部分がありますので、旅行先で出会った相手ともう一度会いたい人は、連絡を待つために新聞にその時の出来事を掲載するパターンも少なくありません。

 

ちなみにアメリカでの人探しであれば、さまざまな手段を取ることができます。
まずオンライン全米電話帳です。
こちらは指名、市、州など、細かい情報が分かっていて、尚且つ本人が情報を公開しているのであれば、比較的簡単に検索することが可能です。
しかし最近は日本と同じく、携帯電話のみを使用している人もいるので、携帯電話や過去の住所、所有している不動産情報を検索できるサイトもありますが、情報の一部は有料になっていますので、利用するときは注意が必要です。

 

あとはアメリカではフェイスブックの利用者が多い上に、ほとんどが実名登録になっていますのでSNSサイトで名前を検索して、掲載している写真を見て本人かどうか確認する手段もあります。

 

広大な国土を所有するアメリカでは、同級生を検索する方法としてもフェイスブックは人気で、一時期フェイスブックで人探しをした結果浮気や不倫などが急増するという事態が発生するほどです。
そのため海外では人探しを有効的に行う方法として、フェイスブックは利用されています。


このページの先頭へ戻る